ハロゲン化アルキル反応分類テスト

スポンサーリンク
クイズ

ハロゲン化アルキルはSN1, SN2, E1, E2反応と、いろいろな反応を起こします。このテストではそれぞれの反応条件の理解度をチェックできます。

なお、このテストで正解とする反応条件はハロゲン化アルキルのSN1, SN2, E1, E2 反応についてにおいて掲載されているフローチャートに基づいています。

Q1

強い求核剤(塩基)の時、1系の反応(SN1やE1)と、2系の反応(SN2やE2)どちらが起きやすい?


答え:2系です!

1系の反応は反応速度に求核剤(塩基)の強さは無関係ですが、 2系は反応速度に求核剤(塩基)の強さが影響を与えるため、相対的に反応速度が上がります。

Q2

SN1反応を最も起こしやすいのはどれ?


答え:第3級ハロゲン化アルキルです!

多置換なハロゲン化アルキルほど、炭素が正電荷を帯びているためです。

Q3

E1反応を最も起こしやすいのはどれ?


答え:第3級ハロゲン化アルキルです!

第3級ハロゲン化アルキルは反応中間体として生成するカルボカチオンが最も安定だからです。

Q4

SN2反応を最も起こしやすいのはどれ?


答え:第1級ハロゲン化アルキルです!

SN2反応は立体障害が小さいものほど起きやすいです。そのため置換基が少ない第1級ハロゲン化アルキルとなります。

Q5

E2反応を最も起こしやすいのはどれ?


答え:第3級ハロゲン化アルキルです!

E2反応では生成するアルケンの安定性が重要になります。多置換なアルカンほど安定性が高いです。




コメント

タイトルとURLをコピーしました